浪速、お化髪行列

節分に他人に化けて厄払い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第9回浪速お化髪行列開催!!

第9回
浪速お化髪行列in生國魂神社
お化髪ポスター2017-001
他人に化けて厄を追い払おう!!
華やかに賑やかに街中を練り歩きます。
今回は支度からお練りへ出発するまで、終日生國魂神社で過ごします。
美しい?!楽しい?!お化髪さん達が沢山出没します。
生國魂神社では、神前にて参加者全員でご祈祷を受けます。
立春を前に厄を払い、また清らかに気持ちをリセットしましょう。
年齢・性別・国籍は問いません。
必ず着物を着てお集まりください!!
お申込みお待ちしております。
2017年1月29日(日)
会場 生國魂神社(いくたまじんじゃ)
所在地 大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9
交通アクセス
大阪市営地下鉄 谷町線・千日前線 谷町9丁目駅 (徒歩約4分)
近鉄 大阪線・奈良線 大阪上本町駅 (徒歩約10分)
参加費 3500円(中学生以下1500円※保護者参加必須)
<含まれるもの…着替え室利用、行列参加、軽食、お飲み物>
オプションなどは下記をご覧ください。
スケジュール*時間変更を行う場合があります。
更衣室(参加者のみ入室可能)開場8:00~
※お支度が済んだ参加者の皆さんは、集合時間まで外出をお楽しみください!
本殿厄除け祈祷     15:00~
お練り出発       15:30~
お練り終了       16:30~
お化髪NO.1投票&発表  17:00~
着替え         18:30まで
オプションのご案内
ご希望の方にはお化髪変身のお手伝いを致します。
日本髪風は浪速お化髪会オリジナルの結い方です。
各定員になり次第締め切ります。
日本髪風髪結い 1500円(かんざしなどの飾りはつきません)
ヘアーセット  1000円(かんざしなどの飾りはつきません)
着付け     1000円
白塗りメイク  1000円
メイクアップ  2000円(プロによるメイクアップです)
※沢山の方のお支度をするため、早い時間に会場入りをお願いする場合もあります。
※衣装や変身の相談会を12月と1月に開催いたします。参加申し込みの方に日時会場のご連絡をいたします。
※仮装は和装に限ります。コスプレ大会ではなくあくまで厄除けの為の変装です。
※浪速お化髪会は貸衣装業ではありません。原則としてご自身のお手持ちの着物をご利用ください。
<お申込み方法>
チラシご希望の方は郵送いたします。
メールnaniwaobake@gmail.comまでご連絡ください。
①簡単お申込みフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=479231
②郵便
チラシのお申込みハガキに記載の上切り取り、52円切手を貼付の上ご郵送ください。
お申し込みの方には、ご確認メールをいたします。必ずメールアドレスをお知らせください。
③Eメール
お化髪お申込みハガキに記載している必要事項をご記入の上、naniwaobake@gmail.comへ送信してください。
3日以上経っても返信メールがない場合はお手数ですが問い合わせメールをお送りください。
早期お申込み締め切り
生國魂神社節分期間限定の福豆をプレゼント!
平成28年12月20日(火)
最終締め切り
平成29年1月15日(日)申し込み状況によりお受けできない場合があります。
※郵送の場合は上記消印有効
お申込み頂いた方にはメールご連絡後郵送にて当日のご案内お振込案内などをお送りいたします。
到着より1週間以内にお振込みください。振り込み完了後、お申込み完了となります。
お振込みがない場合はキャンセル扱いとさせていただきます。
ご入金後のキャンセルは、1週間前までは30%、2日前までは50%、前日当日は100%キャンセル料金が発生致します。
主催・問い合わせ  浪速お化髪会
〒542-0062
大阪府大阪市中央区上本町西5丁目2-23 樋口ビル1階
浪速お化髪会事務所 代表 大場陽子
電話070-5503-6252(担当・佐々木) FAX06-6764-1886
スポンサーサイト
  1. 2017/01/29(日) 09:29:34|
  2. 2017年浪速お化髪行列
  3. | コメント:0
<<新聞搭載 | ホーム | 大阪スケジュール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お化髪とは

浪速お化髪会

浪速お化髪会
お化髪への道
もともと、厄年の人が他人になり、厄を落とすという意味で節分の日に扮装をしたことがはじまりだそうで、お化けの風習は現代のように花街だけのものではなく、江戸時代末から高度成長期の前頃まで、京都や大阪の一般家庭で盛んでした。着物が日常着だった時代、町方の女性たちには髪形や着物の着方について、さまざまな拘束があり、そこから外れれば非難の対象に。ところが節分の夜だけはこの約束事が解除されました。女性たちは派手な髪形に結って紅をさし、振り袖姿になって楽しんだことでしょう。だからお化髪(おばけ)節分の日に結婚式をあげ、翌日から新生活を始める夫婦も多かったように、翌日から暦のうえで春になる節分は、いわばリセットの日
さぁ、皆さんも現代の浪速の真ん中で、年に一度のお化髪を楽しみましょう!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

カテゴリー

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。