浪速、お化髪行列

節分に他人に化けて厄払い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浪速お化髪パーティーのお申込み受付が始まっております。
お申込フォームを作成しておりますが・・・→ http://form1.fc2.com/form/?id=479231
ご入力いただく際、最終の送信がされていないケースが多くありました。
申し込んだはずなのに確認メールが届いていない、という方は
以下の入力方法をご覧の上再度お申込みくださいませ。
お手数をおかけいたします。
2010-12-13 10-16-53  ※印の欄は記入必須です。記入後”確認”ボタンを押してください。

2010-12-13 10-17-36 確認画面になりますので、OKでしたら”送信”ボタンを押してください。

2010-12-13 10-17-59 メール送信完了画面になります。

2~3日以内に返信メールをいたします。

さて、奈良の昭和の家サロンをお借りして
お化髪スタッフにお集まりいただき、結髪や着付けの練習会や打ち合わせを
まったり行いました。
前回のお化髪の反省点や、美作での経験も活かして
少しでも良くなれば・・・とがんばっております。

このイベントは、
私の母親、祖母世代のみなさんが、振袖可愛く華やかな着物を着れる日を
つくっちゃえばいいじゃないか、と関西の風習であった”お化髪”を復活させようと思ったのが始まり。
じゃぁ、まだまだ振袖着れる世代は・・・日本髪白塗りか~~?
とそれらの研究も始めたのだったですね~~。
どうせなら美しくなりたいもの・・・・。
プロのスタッフもいますが、ほとんどのスタッフは素人で一生懸命練習して当日を迎えています。
至らない点もあるかと思いますが、
年に一度の大騒ぎ。皆様のご参加をお待ちしております。
ちょっとの勇気(?)でとっても楽しい事が待っています。

スポンサーサイト
  1. 2010/12/13(月) 10:49:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<2011年もいきまっせ~ | ホーム | 特訓でした>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

お化髪とは

浪速お化髪会

浪速お化髪会
お化髪への道
もともと、厄年の人が他人になり、厄を落とすという意味で節分の日に扮装をしたことがはじまりだそうで、お化けの風習は現代のように花街だけのものではなく、江戸時代末から高度成長期の前頃まで、京都や大阪の一般家庭で盛んでした。着物が日常着だった時代、町方の女性たちには髪形や着物の着方について、さまざまな拘束があり、そこから外れれば非難の対象に。ところが節分の夜だけはこの約束事が解除されました。女性たちは派手な髪形に結って紅をさし、振り袖姿になって楽しんだことでしょう。だからお化髪(おばけ)節分の日に結婚式をあげ、翌日から新生活を始める夫婦も多かったように、翌日から暦のうえで春になる節分は、いわばリセットの日
さぁ、皆さんも現代の浪速の真ん中で、年に一度のお化髪を楽しみましょう!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

カテゴリー

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。